toggle navigation  

安全対策や商圏分析に役立つ信頼性の高い自動車交通データ

    HOME > こんな課題はありませんか? > 安全対策や商圏分析に役立つ信頼性の高い自動車交通データ

信頼性の高い自動車交通データが安全対策
や商圏分析に役立ちます

住友電工システムソリューションは、走行している自動車をセンサーとして得られた交通データの統計処理・抽出・販売を行っています。
これらのデータは一般的に「フローティングカーデータ(FCD)」または「プローブカーデータ」と呼ばれ、実際に走行している自動車をセンサーとして得られたデータを交通管理や自動車走行支援用のコンテンツとして利用しようというものです。
当社では、本田技研工業株式会社の「インターナビフローティングカーデータ」のプローブデータを提供しており、交通ビッグデータを活用した安全対策や、新しいシステムや製品への応用を支援しています。

こんな課題を解決します

  • 自動車交通のビッグデータを活用し、道路の渋滞改善や安全対策を行いたい

    【住友電工システムソリューションの解決策】
    当社が取り扱うインターナビフローティングカーデータ(FCD)は、世界に先駆けて2003年よりプローブ情報の収集を開始、2019年にはプローブデータ提供車両は290万台を超え、毎日2,300万kmのデータが収集されています。
    これらの広範囲かつ大量のデータを活用することで、渋滞発生箇所の抽出や急ブレーキ発生箇所の分析、交通量の把握など、正確なデータに基づいた道路の保安・保全対策を行うことができます。

    活用アイディア

    ●危険・渋滞地点の抽出

    ●道路施策の効果検証

    ●他データとの関連性解析

    >自治体・官公庁様向け活用例を見る
  • 自家用車の走行データから、商圏分析や渋滞解析を行いたい

    【住友電工システムソリューションの解決策】
    自動車交通のビッグデータは、観光業や商業施設などの民間企業が交通情報をもとにしたマーケティングを行う際にも活用できます。
    当社が提供するHondaインターナビフローティングカーデータは、すべて自家用自動車から得られたデータであり、営業車や貨物車を含まないため、特定の道路に偏ることないクリーンなデータです。また、収集時から個人情報も含まず、プライバシーを侵害する恐れもありません。
    ※インターナビフローティングカーデータ(FCD)は民間利用時に制限があります。詳しくはお問い合わせください。

    活用アイディア

    ●イベント開催地・観光地までの所要時間の提供

    >ITベンダー・システム開発会社様向け活用例を見る

    ●観光地からの立ち寄り経路の分析

    ●商業施設周辺の渋滞発生の予防

    >メーカー・事業会社様向け活用例を見る

データに基づいた安全対策や商圏分析を実現する製品

住友電工システムソリューションでは、Hondaインターナビフローティングカーデータの広範囲・大量・正確な情報をリーズナブルな価格で提供しています。

Traffic Vision プローブデータ&サービス

Traffic Vision プローブデータ&サービス― 走行する自動車から得られる豊富な情報

日本全国を走行する数多くの自動車から収集され、膨大な数の情報を蓄積。これらのデータを抽出・分析することで、渋滞解析、運転危険箇所特定などさまざまな目的に活用することができます。

ご相談について

自動車交通ビッグデータを活用し、データに基づいた定量的な安全対策・施策の効果検証を行いたい官公庁・自治体の皆さまや、データに基づいた建設計画を提案したい建設コンサルティング会社様、また、自動車走行データを活用したマーケティングを行いたい民間企業様は、ぜひ住友電工システムソリューションにご相談ください。お客様のデータ活用の用途・目的に応じて、最適なデータのご提案をさせていただきます。

お問い合わせCONTACT

資料請求・お問い合わせは、
以下のメールフォーム、
またはお電話からお寄せください。

お見積のご依頼等
ご質問・お問い合わせ
READ MORE
カタログ・資料等
資料ダウンロード
DOWNLOAD
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 9:30~17:00(土日・祝日除く)