toggle navigation  

官公庁・自治体 建設コンサルティング会社 様

    HOME > 業種・業界別おすすめ活用例 > 官公庁・自治体 建設コンサルティング会社 様

交通を見える化し、道路・交通に関する施策に活用

道路交通設備の更新や施策を行う際には、データに基づいたエビデンスが必要で す。当社のTraffic Vision プローブデータ&サービスを活用することで、渋滞 把握(日常・観光)、交通安全対策、交通における施策効果の定量的把握、行動 分析等を実現します。

例えば、こんな活用法が考えられます

危険・渋滞地点の抽出

自動車走行データから急減速の発生頻度を分析する、リンク旅行時間(交差点から交差点までの走行時間)をもとに渋滞箇所を特定する、抜け道化した生活道路を特定するなど、データに基づいた安全対策を行えます。

道路施策の効果検証

対策を行った道路のデータと以前のデータを比較することで、行った施策の効果を定量的に確認・実証することができます。比較対象となる各種基礎データの取り込みが可能です。

他データとの関連性解析

道路工事・事故・気象等の要素が交通に与える影響をデータをもとに定量的に分析することができます。

採用実績

Webセミナー「ヒト・モノを運ぶ車両活用の効率化」を開催します
2021/08/19

Webセミナー「ヒト・モノを運ぶ車両活用の効率化」を開催します

作成者 :
labサポート

このたび、業務車両のご利用や管理、運用、企画をされている企業様向けに、 「ヒト・モノを運ぶ車両活用の効率化」を題材に当社初のWebセミナーを 9/8(水)に開催予定です。ぜひご参加ください。 Webセミナー詳細・お申し込みページ:https://traffic-probe.jp/seminar202108.html -----------------------------------------...


READ MORE
車両運行管理トータルソリューションシステム「Eagle Sight™」取り扱い開始
2021/08/19

車両運行管理トータルソリューションシステム「Eagle Sight™」取り扱い開始

作成者 :
labサポート

新製品として、車両運行管理トータルソリューションシステム「Eagle Sight™(イーグル サイト)*1」の取り扱いを開始します。 「Eagle Sight™」は、住友電気工業株式会社が開発し、既に販売開始している、車両の所在位置や移動履歴の管理を可能とする動態管理機能を備えたソリューションシステムです。 今後、運行計画自動立案(出発後の計画変更も実現予定)や予実分析などの機能を随時追加予定で、...


READ MORE
プローブデータとは
2021/03/18

プローブデータとは

作成者 :
飯田

01 さまざまな交通解析が可能です。 プローブデータを解析し得られる情報のひとつに「リンク旅行時間」があります。これは交差点から交差点までの道路区間(これをリンクと言います)を走行するのにかかる平均時間のことで、平均走行速度を求めるデータのもととなるものです。これによりどの道路のどの区間が渋滞しているかわかるため、渋滞対策の検討に利用できます。 また、急ブレーキをかけた場所(急減速発生地点)の情報...


READ MORE
カテゴリ :
コラム
タグ :
テレマティクス
日光の渋滞対策実証実験
2021/03/15

日光の渋滞対策実証実験

作成者 :
クリエイター

日光の渋滞対策実証実験 日光の渋滞対策実証実験についてご報告させていただきます。日光東照宮へ向かう道路は、紅葉シーズン(10月中旬から11月初旬のおよそ3週間)に急激に渋滞します。特に日光山内に通じる日光橋の架かる「神橋交差点」と「国道119号線(ロマンチック街道)」が渋滞します。さまざまな渋滞緩和策が講じられていますが、今回官民共同で、Hondaインターナビフローティングカーデータを使ったリアル...


READ MORE

お問い合わせCONTACT

資料請求・お問い合わせは、
以下のメールフォーム、
またはお電話からお寄せください。

お見積のご依頼等
ご質問・お問い合わせ
READ MORE
カタログ・資料等
資料ダウンロード
DOWNLOAD
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 9:30~17:00(土日・祝日除く)