toggle navigation  

走行状態をリアルタイムに監視し、遅延予測や実績把握

    HOME > こんな課題はありませんか? > 走行状態をリアルタイムに監視し、遅延予測や実績把握

走行状態をリアルタイムに監視し、
遅延予測や実績把握に活かせます

住友電工システムソリューションでは、車両の走行状態をリアルタイムで監視できる動態管理システムも提供しています。
本システムを活用することで、車両の現在位置、周辺の交通状況、目的地までの到着予想時間を管理できるほか、走行履歴(軌跡)情報を収集することで、どの道路を通ったかなど、実績の確認・管理も可能になります。配送計画システムと合わせて計画と実績を比較し、より効率的な運行計画を立案するなどの業務改善にもお役立ていただけます。

こんな課題を解決します

  • リアルタイムに走行を監視し、遅延予測や走行状況の把握がしたい

    【住友電工システムソリューションの解決策】
    当社が提供する動態管理システムを活用することで、車両の現在の位置情報を取得し、目的地への到着予測、到着遅延の早期把握などの運行管理をリアルタイムに行うことができます。訪問予定に対する進捗を管理しながら、訪問順序の変更指示、代替手段等の対策をサポートすることで、効率的な輸配送を実現します。

  • 配送計画・走行実績を見える化し、適正な輸配送が行われているか確認したい

    物流にはさまざまな要素が影響するため、荷主企業様にとって、運送会社や3PLサービス提供企業から報告される輸配送の実績が最適なものか、判断するのは難しいものです。当社の配送計画システムと動態管理システムを併用することで、走行実績を見える化し、適切な運行が行われているかの確認・管理をデータをもとに行えるようになります。

走行状態のリアルタイム監視(動態管理)を実現する製品

住友電工システムソリューションでは、スマートフォンやGPS車載端末を利用した動態管理システム「Traffic Vision/MM」を提供しています。配送計画システム「配送デス」「Traffic Vision/DP」とあわせて活用いただくことで、予実の管理の仕組みを実現することもできます。

Traffic Vision/MM

Traffic Vision/MM―車両の走行状況をリアルタイムに監視・管理

スマートフォンやGPS車載端末を利用し、車両の位置を取得。到着予測、作業状況管理を行います。リアルタイムVICS情報を活用し、到着遅れの把握、到着事前案内などのサービスにも応用可能。到着・出発を自動判定することで乗務員の操作を最小限にするほか、日報入力支援など事務作業軽減にも役立ちます。

ご相談について

動態管理システム「Traffic Vision/MM」のご利用のお申し込みや、活用方法のご相談は、住友電工システムソリューションまでお気軽にお問い合わせください。荷主企業様から、運送会社様、サード・パーティー・ロジスティクス(3PL)サービスを運営する企業様まで、物流業界の幅広い企業様の課題解決に対応しています。

お問い合わせCONTACT

資料請求・お問い合わせは、
以下のメールフォーム、
またはお電話からお寄せください。

お見積のご依頼等
ご質問・お問い合わせ
READ MORE
カタログ・資料等
資料ダウンロード
DOWNLOAD
お電話でのお問い合わせはこちら
受付時間 9:30~17:00(土日・祝日除く)